ピアノ万華鏡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

つくばノバホール(小)コンサート

テノール鶴田昭則先生との”ベヒシュタインによる”コンサートでした。
ピアノソロは、トルコ行進曲、シューべルトの即興曲、ショパン幻想即興曲を演奏しました。

コンサートの雰囲気もとてもあたたかく聴いていただいているのが伝わってきてうれしかったです。
後日のいただきました温かなメッセージでも、また次へ進む力になっています。
ありがとうございます。

ベヒシュタインの特徴がよくわかった・・・
このようなコンサートが続けば、一般の聴衆はもっと身近に音楽を感じるのではないか。
つくばに住んでいらっしゃるフリーアナウンサーの方からは
「ピアノ曲の選曲がよかった。私が関係するコンサートでも珍しい。やはり、プロの方の心から演奏する名曲を一般の聴衆は望んでいるのではないか」
といただきました。
ピアノソロリサイタルでも、プログラミングよく熟考したいと思います!

つくばノバホールつくばノバホール外観
ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

PageTop

ピアノデュオへの誘い コンサート(銀座ヤマハホール)

たくさんの方々にご来聴いただきまして、本当にありがとうございました。

デュオへの誘いヤマハホール

たくさんの暖かな応援に支えられ、無事終えられましたこと、心より感謝いたします。

客席

いつものことながら、素敵なお花、元気が出るお菓子などプレゼントをありがとうございました。
帰宅して、幸せな気持ちになります。
でも、皆さま、聴いていただけるだけでうれしいので、いつも手ぶらでいらしてくださいね。

ほっとしながら、また次に向かってがんばろうと思っているところです。
You Tubeにも順次UPしてもらえるそうですので、こちらも聴いていただけましたらうれしいです。

PageTop

最後のあわせリハーサル

2台ピアノを実際の対面でリハーサルしておきたい、
そして、ベーゼンドルファーのピアノにも慣れておきたい(視覚的にも!)と虎の門のB-tech Japanにて。
B-tech
ベーゼンドルファーの”インペリアル”は特に低音の弦の分、ピアノの幅が広いので普段と座り位置が違ったり、視覚的にも驚くことがあります。
これで少し安心しました・・・。

PageTop

ヤマハホール・ピアノ選び

今日はいよいよ差し迫るピアノ・デュオのコンサートのためのピアノ選びをしました。
このヤマハホールには、ヤマハのフルコンと、ベーゼンドルファーが置いてあり、選ぶことができます。

今回、ソロ、連弾、2台ピアノ、と多様なプログラムなので、決めるのが難しいなあ、と思っていたのですが、
弾き(聴き)比べると、やはり音色が全然違うのですね。
それに、ヤマハホールのスタッフの方のご意見もいただき、決めました!!
どちらのピアノを、どのように演奏するか、当日どうぞお楽しみにいらしてくださいね。

ヤマハホール
ヤマハホール2階席もあります。

PageTop

音楽現代3月号

3月14日「ピアノデュオへの誘い」コンサートの記事を取り上げてもらえましたので、ご紹介します。
記事2
 『私達はそれぞれヨーロッパ留学より同じころに帰国し、日本で出会い、デュオの活動を始めました。
主にオーケストラ作品の連弾演奏の機会を重ねていくうちに、ソロとはまた違ったピアノの音楽表現の可能性を強く感じるようになり、今回の演奏会を開催することとなりました。
 今回のプログラムでは、連弾・2台ピアノ・ソロの演奏を通して、ピアノの幅広い音楽表現を、皆さまにも楽しんで頂きたいと思っています。どこかで耳にされていて親しみやすく、ドラマティックな作品を選びました。』
(以下省略)

ピアノデュオだからこそ表現できる、オーケストラや歌劇の楽しい曲、魅力ある曲もお楽しみいただけましたら・・・と、準備に励んでおります。

小林一枝さん(元テレビ朝日アナウンサー)の司会もどうぞお楽しみください。

クラシックのコンサートは敷居が高くて・・・と言われますが、そんな方も楽しめるコンサートだと思いますので、
どうぞお気軽にいらしていただけたら、と願っています。
会場の銀座ヤマハホールも、数年前リニューアルした素敵なホールです。
ロビーからは、銀座の街並みも見えます!
皆さまのお出でを心よりお待ちしております。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。