FC2ブログ
 

ピアノ万華鏡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最高位入賞おめでとう

うれしい報告がありました
中2のS君、ペトロフコンクールで、1位なし2位に入賞しました
ショパンのスケルツオ第3番を演奏しました。
少しずつ難曲に挑戦し、だんだんスケール大きな演奏が出来るように、それも短期間で仕上がってくるようになりました。成長をうれしく思います。

そして・・・ピアノ教育連盟オーディションでも、小4のK君が奨励賞を。
ご家庭でのご協力あってこそ。ありがとうございます。そしておめでとうございます。

コンクール会場
オーディションカワイ表参道

スポンサーサイト

PageTop

最近のお気に入り

皆さまからいただいた素敵なもの・・・・・ありがとうございます。
こんなものがあるんですね!
星子リキュール星子リキュール(梅酒+スパイシーな味がします)

ぴかぴか水色のピアノ?!
ピアノアクセサリーを入れています

そういえば、生徒さんで家にピンクのピアノを特注した、という方がいらしたけれど、本当かしら。

おまけ:
盲導犬”お仕事中”、がかわいい盲導犬グッズ(盲導犬総合支援センター)

付け足し:上野学園110周年記念紅白まんじゅう~校章入り
紅白まんじゅうとらやです。
記念パーティ(学食にて)では、藝大からもなつかしい先生方がいらしてくださっていて、再会させていただけて本当にうれしかったです。「上野にいるんだ!」と驚いている先生もいらっしゃいました。。

PageTop

南麻布セントレホール~他、サロンご紹介

南麻布に新しい良いサロンが・・・と耳にし、ずっと気になっていたのですが、たまたま知人がリサイタルをするとのこと、
友人と行ってきました。みな、ウィーンつながりです

南麻布セントレサロン80席くらいで、ピアノはスタインウェイ(でも茶色!)
ウィーンのハウスコンサートのような雰囲気、音色がしました。
でも広尾駅からちょっと遠かったな。。。今日は北風がぴゅ~ぴゅ~していたし。

それでも、やはり身近にたくさんコンサートの場があることは有難く、素敵なことです。
最近、このようなサロンが多いように思います。

つい先日も、知人がウィーンのピアニスト、チャールズ・スペンサー氏のサロンコンサートの様子を教えてくれました。
地域でこのようなコンサートを企画する方々がいらして、また音楽を身近に楽しめて、すばらしいことです

オハナホールご紹介
スタインウェイのとても良いピアノが入っているそうです。

PageTop

カフェ・ラントマン

今日はカフェ・ラントマンへ。ウィーン、でなく、青山です。(AOビル)
店内は静かで落ち着いているので、居心地がとってもいいのです。
ウィーンを思い出しながら、ウィーナー・シュニッツェル(仔牛のカツレツ)と、ザウワークラウト(酢漬けのキャベツ)、
なつかしのセンメル(パン)をいただきました。
現地で、このパンを、バターとアプリコットジャムでいただくのが楽しみでした。
本当においしい。
ラントマン
食後はもちろん!アップフェル・シュトュリューデル(温かなアップルパイ)生クリーム添え。
そしてメランジュ(ミルクと半々のコーヒー)。

おかげで今日の夢は~ウィーン留学中、テスト前でまだ弾けずにおたおたしている・・・というかなり現実的なものでした

PageTop

ムジカーザ音楽会

今日は南青山音楽研究所の秋の音楽会(発表会)でした。
春のオペラシティでの発表会でがんばって、さらに長く演奏でき、じっくり聴いてもらえるよう、企画しています。
初出演の小3Hちゃん、小4のRちゃん、K君。中2のRちゃんはバッハ平均律をがんばり怖さを克服できたようです。
アメリカ留学から戻ってくれたMちゃんはラフマニノフの難曲「鐘」を。
高2のMちゃんは、プロコフィエフのソナタ2番終楽章を立派に弾き切りました
皆それぞれの成長に感動しています。

ムジカーザ
代々木上原・ムジカーザ(2階席より)
・・・テレビ東京の川井郁子さんの「100年音楽」のロケ会場になってます

私もラヴェルのツィガーヌを伴奏しました!
テンポも細かく変わるので合わせが難しい曲のひとつですが、本番の緊張感でうまくのれてよかったです。
ラヴェルは、やはり”弾く”ということも面白い作曲家。ということを改めて感じました。
この作品も、「ラヴェルは、ここではジプシーよりももっとジプシーだ」と当時批評家に評されたように、情熱的で、
弦でしか出せない音色、音程などが効果的で、とっても魅力的なのです。とても楽しかったです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。