ピアノ万華鏡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

"満席御礼”ありがとうございました

ヤマハ銀座サロンコンサートに、大勢の方にお越しいただきまして、誠にありがとうございました。
おかげさまで満席になり、せっかくいらしていただいたのに、入れなかった方もいたと伺い、びっくりしています。
申し訳なかったです。。。本当にありがとうございました。

YAMAHA GINZA SALON

今回初めて卒業生と共演できましたこと、難曲に怖い思いで挑戦しましたこと、一生忘れられないコンサートになりました。
もっとこうしたかった、こう弾きたかった、と反省ばかりなのですが、でも、また新たな学びがありました。
とても怖かった分、挑戦できてよかった、と冷静になった今は思えます。
何より、シューベルトの美しい音楽世界を皆さまと共有できまして、とてもうれしく、幸せでした。
この感動と感謝を次へ進む力にしたいと思っています。
今後とも応援をどうぞよろしくお願いいたします。


hanatabaPresent
お心こもる素敵な花束、プレゼント本当にありがとうございました。
温かなメッセージもたくさんいただき、励まされています。
次のコンサートにまた前向きに挑戦していきます♪



スポンサーサイト

PageTop

ヤマハ銀座サロンコンサートのご案内

皆様に聴いていただくことが糧となり、演奏を続けることができますこと、誠にありがとうございます。
今回のサロンコンサートシリーズは、Pianist chain-次の世代へ-です。
たくさんの恩師に与えていただいたものは、音楽のみならず、私にとりましてかけがえのない宝になっています。これからは、それを次の世代につなげていければと思っています。

プログラムの最初に、上野学園大学にて私が指導に携わって初めての演奏家コース卒業生、音楽界に羽ばたき始めた宮田絢子さんが、ブラームス4つの小品作品119を演奏します。

ヤマハサロンコンサートチラシ

プログラムにつきまして~愛とウィーン~

プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」からの10の小品より
シェイクスピアの悲劇「ロミオとジュリエット」にバレエ音楽を付けたものから3曲選びました。

シューベルトのソナタイ短調D.784
ウィーンの人に大変人気のある曲で、生と死が力強く表現されているこのソナタに頻繁に現われる“天国の幻影”はとても美しく、私も大好きな曲です。

クライスラー/ラフマニノフ編曲「愛の喜び」
クライスラーの名曲、ウィーンの古い民謡によるワルツ「愛の喜び」を、ラフマニノフの華やかな編曲でお楽しみいただきます。

皆様と共に、あたたかなこのサロンで音楽を楽しめますことを本当に幸せに思います。
少し手狭でドリンクサービスもないのですが!、いつもより近い距離でピアノの音もお楽しみ頂けましたら、うれしく思います。

PageTop

”愛の喜び”

この素敵なタイトルは、ウィーン生まれの作曲家F.クライスラーの名曲です。
そして、ラフマニノフがピアノ用に編曲。本当に華やか。~その分音が多くて苦労しています。
といいますのも、ずっと弾きたくて思いだけで数年。
やっと思い切り、今回ヤマハサロンコンサートで最後に演奏させていただくことに決断しました!

でもでも、やっぱり難しいです。全然すらすら弾けるようにさえならない
聴いているときらびやかで最後の盛り上がりはラフマノフらしい迫力があり、引き込まれるのですが、
実際弾いてみると、そう聞えるために、こんなに不規則な半音の音があり、激しく飛ぶなんて♪♪♪

だれか暗譜を早くする特効薬を教えてください。

でも、なんとかあと少しがんばって、この曲の感動をお伝えしたいです。

連弾版(Schott版)ではこんなに雰囲気あふれる楽譜があります。
Liebesfreudeこの中には、「美しきロスマリン」もあり、次回のアンサンブルフロイデのコンサートで演奏する予定です。

PageTop

2台ピアノオーディション

最近は、入試も山場を越え~今年の入試は、男の子の受験者が多かったです!
今日は上野学園の春の演奏会のためのオーディションでした。
試験でも、はっとする演奏に出会えるので、とてもうれしいです。
近年の演奏家コースのレベルはかなり高く、私も刺激を受けています
そして、自分の担当の生徒が成績が上がると、やはりうれしさ倍増です

今日は2台ピアノでした。
(アンサンブルの機会がたくさんあることが、上野学園の大きな特色のひとつなのです)
ラヴェルのラ・ヴァルス、ラフマニノフの組曲第2番、ルトスラフスキー、最近よく聴くようになりましたアルチュニアン&ババジャニアンのアルメニア狂詩曲も面白かったです。

私達アンサンブルフロイデも、また三井アトリウムコンサートでの再演の機会をいただきました。
今、お楽しみいただけるプログラムを考え中です。
連弾のコンサートは、本当に珍しいと思うので、皆さまに喜んでいただけますよう、こちらも力を入れてがんばっていきたいです。

PageTop

"ロミオとジュリエット"ワイン

今は、3月30日のヤマハ銀座店サロンコンサートに向けて、準備を進めています。
そんな時、こんな素敵なワインをいただきましたので、ご紹介します。
なんと・・・"ロミオとジュリエット"という名のイタリアワイン(シチリア)。
どんな味か楽しみにしながら、プロコフィエフ"ロミオとジュリエット"を練習しています。
1曲目に演奏する「少女ジュリエット」は初挑戦ですので初めから緊張しそうです、またまた。
でも、皆さまにこのようにお支えいただいている温かなお気持ちに応えられるように、精一杯準備します。

Wein無事コンサートで演奏できたら、このワインを開けようと思います

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。