FC2ブログ
 

ピアノ万華鏡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レッスン公開

今日は上野学園のオープンキャンパスで、レッスン公開をしました。
コンサートとは違う緊張もありましたが、私がどきどきしてはいけない!と。。。

いらしてくださいました皆さま、ありがとうございました。

シューべルトの「3つのピアノ曲」と、ショパン「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ」をレッスンしました。
これに出るのを励みにがんばった、シューベルトを弾いた2先生の越川さんは、この1,2週間でぐっと上手になって、リズムが難しい曲も突然!速く弾けるようになっていて、うれしく思いました。
コンサート前、自分で練習しているときは忘れてしまう、曲の魅力を再発見して、またこの2曲を私も弾きたくなりました

ショパン“ショパン”5月号より

スポンサーサイト

PageTop

オープンキャンパス・レッスン公開のご案内

今年もレッスン公開をします。
5月27日(日)14時~15時半、12階のスタジオです。~ここは、ピアノ科3年生伴奏法の講座で、後期担当しています。
よかったら聴きに見に、いらしてください!(入場に際しお名前を頂戴するようです)

レッスン公開チラシ

他の科のレッスン公開もございます。
チラシ裏


PageTop

ウィーン音大との共同プロジェクト 上野学園春の演奏会~東日本大震災と津波の犠牲者に捧げる~

今日は石橋メモリアルホールにてコンサートでした。
学長前田昭雄先生とウィーン音大副学長ホーフシュテッター先生との長年の親交から、今日の素晴らしいコンサートが実現したそうです。
ウィーンより4人の声楽の学生さんが来日し、上野学園の学生と共演しました。
日本でこのようなコンサートが、本場の学生と共に音楽ができるなんて、すごいことだと思います。
ウィーンで、私もたくさんの共演の機会をもらえたこと~デュオやピアノトリオ…皆強い思いを主張するので面白かったです~本当に貴重な経験で、今でも強くその時のことが残っています。

1部のオーストリア・バロックの宮廷作曲家ヨハン・ハインリッヒ・シュメルツァーのレクイエム(日本初演)に始まり、3部のモーツァルト“アヴェ・ヴェルム・コルプス”の祈りの旋律で静粛な空気でこの演奏会を閉じました。

その後のレセプションでは、緊張しながら、ホーフシュテッター先生と少しお話しさせてもらえました!
富士山(Fuji-yuma)に行ってから帰国されるそうです!!

上野学園でもウィーンとのつながりが出来るなんて、これも不思議なご縁だなあ、と有難く思いました

PageTop

母の日

今日は母の日。
たくさんの私の“母”
に感謝して。

カーネーション2“ピアノの母”に贈ったカーネションの鉢植えを、早速飾っていただきました。日比谷花壇で目を引いたつぼみの沢山ついたものです。
*ちなみに、上の絵は、これも私のお気に入り“ケルンの大聖堂”。ケルンの大聖堂の広場で売っているもので(今も買えるのかな~?)、よく見ると、なんと音符で、楽譜(スコア)なんです!素敵ですよね。実際どんな音楽になるのでしょう♪

PageTop

ラ・フォル・ジュルネ・エリアコンサートをふりかえって

4月30日丸ビルにお越しくださいました皆様、重ねて心より御礼申し上げます。
温かくお見守りくださり、好意的に聴いてくださいまして、本当にありがとうございます。
毎回毎回、お客様に育てられていると痛感します。
いただきました励ましを胸に、これから苦しいときも!がんばります。

今回、新しく挑戦できた曲もあったので、怖かったですが、終わってみると「演奏できて本当に良かった」と思います。
ラフォルジュルネ1撮影は全て友人のA・Kさん。今年設営されたステージはすごくシンプルでしたね。

初めに連弾で、ロシアの音楽のオーケストラ曲をお聴きいただきました。
ラフォルジュルネ2連弾
共演の五十嵐美美さんと。
「連弾は初めて聴きましたが、そのスリルと迫力を楽しめました」(H・Hさん)といただきました。

その後、ソロにうつります。
ムソルグスキーの“カラをつけたヒナ鳥の踊り”のおかげか、次の曲で、外で小鳥がピヨピヨ鳴いている声が聞こえ、気になってしまいましたが、「集中!」と言い聞かせ、
プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」より“モンタギュー家とキャプレット家”。
「この曲は大好きな曲で、ピアノ編曲で迫力のある演奏聴いたのは初めて」(H・Iさん)のコメントはうれしかったです。

次に大好きなシューベルト即興曲op.90-2。
「天女の舞のような情景が浮かぶようでした」(H・Hさん)ありがとうございます。

ソロ

最後は、聴き終えるといつも前進するパワーをもらえるラフマニノフより、練習曲「音の絵」より最後をしめくくるop.39-9を演奏しました。
~「名曲ばかりで、なぜか幸せな気分になりました」(A・Mさん)のお言葉もうれしかったです。
皆さま、好意的なメッセージを本当にありがとうございます。

今回の経験から「展覧会の絵」や「ロミオとジュリエット」を全曲弾きたい!と欲も出ました。またレパートリーを広げ進歩していけますよう励みたいと思いますので、今後とも応援をどうぞよろしくお願いします。







PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。