ピアノ万華鏡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クラウディア・ヴィスカ(Prof.Claudia Visca)先生

教授陣演奏会でも昨年から共演させていただいたヴィスカ先生。
Prof.Visca徳島“たきち”にて。
とてもパワフルでいつも明るく楽しいお人柄。○歳なんて思えないのです!!
~でもウィーンでのレッスンなどでは厳しい一面もおありとか・・・。当たり前ですね

スポンサーサイト

PageTop

小豆島のホテル

全ての講習会プログラムが終わり、今年は小豆島へ先生をご案内させていただきました!
大都市と違って英語もなかなか通じないので、~自然がいっぱいで、海のあるゆったりできるところを希望されています~私がご案内させていただく意味もあり、ありがたいです!!

今回宿泊した小豆島のホテル“オリビアン”=小豆島の名産、オリーブからネーミングされたそうです。
ホテルオリビアン

部屋からの眺めも素晴らしかったです。気持ちもゆったりします。
小豆島ホテル部屋より眺め

素晴らしい“小豆島”の続きは、またゆっくりUPさせていただきます!また見てくださいね。

PageTop

講習会最終日

毎年同じく最終日の今日、レッスンを終え、奨学金コンクール(終了演奏会)そして閉会式で今年も無事終わりました。
閉講式閉会式でも通訳をさせて頂きました…緊張です。
先生のおっしゃるように、今回の参加で終わることなく、その人の先の道につながっていく講習会であることが素晴らしいことだと私も実感しています。

そして私は・・・
もっとドイツ語がんばろう!と心に決めました。
長い文章でも、きちんと頭に入れてどの文も忘れることなく発言しないと。
そして、もっと流暢な日本語で!!というのが目標です。
後で、こういう風に言えば良かったと思うことが多いのです…。

今年は、3度目の参加で、リストのダンテソナタを演奏された石井琢磨さん(石井絵里奈さんの弟さんです!)が、現地での講習会に派遣されることに決まりました。
石井君おめでとうございます。

参加されたすべての皆さんが、これから発展され道を拓いていかれますように、私も影ながら応援しています

PageTop

徳島のおいしいお食事

今日は、毎夏この話題になってしまいますが、本当においしい所をご紹介します!

♪柳鮨(ワシントンホテル斜め前)
お刺身なんでも美味しいのですが、あじ、イカは本当にやわらかいです、先生方は中トロが大好き、穴子、玉子、かっぱ巻き、思い出したらまた行きたくなりました!!

♪中華は・・・JR徳島駅直結クレメントホテル内「桂蘭」
先生方もおっしゃっていましたが、生ビールもまろやかで苦くなくとってもおいしい!
もちろんお食事もですが、特に私はふかひれのスープ、エビチリ、チンゲンサイの炒め物、杏仁豆腐が大好きです。

♪阿波尾鶏(阿波踊りにかけて!)・・・以前もご紹介しました“たきち”(ワシントンホテル横)の焼き鳥や手羽先がすっごくおいしいです。
京都のにごり酒も、ウィーンでのSturm(ぶどうジュースとワインの間?甘くてとっても飲みやすくておいしいです)みたい、と大人気でした。

♪阿波牛の鉄板焼・・・旧徳島プリンスホテルの最上階
徳島の街を眺めながら、おいしすぎる鉄板焼。

♪お好み焼き・・・“たこハ”HPのDiary2007.7.23を見てくださいネ!

おこのみ焼き

PageTop

ヴァイオリンレッスン風景    ~E・ツェーンコフスキー先生

ヴァイオリンコースもレベルが高く、13人が参加。
今年は芸高生も多く、昨年以上に若い学生さんがたくさん受講していました。

ツェーンコフスキー先生レッスン

ツェーンコフスキー先生も演奏家として、教育者として素晴らしい方で、私も
モーツァルトのVnソナタ、フランクのVnソナタ、クライスラー、ウェニャフスキー等を共演させていただくことで、モーツァルトではどのように気持ちを入れ、音色にしていくのか、
そしてどのようにステージにもっていくのか、精神的なことなど
いろんなことを教えていただきました。

ヴィスカ先生とも話されていましたが、泣いてしまった生徒さんがいて先生の方がとてもびっくりされたそうです!
でもそれは、才能がある生徒だからこそ、彼女の中にあるものを引き出そうと強い、厳しいレッスンになったようで、、、たしかにそうだな、と思いました。
現地の人はくいさがっていくのを(あるときは口から先に!)思い出し、そんなメンタルの違いも久々に感じました♪

PageTop

声楽レッスン風景   ~クラウディア・ヴィスカ先生

後日文理大学よりいただいた写真から、ご紹介します。
ヴィスカ先生は今年で2年目ですが、声楽のレベルも上がったのは先生の功績、と他の先生方が仰っていました。
とても朗らかでいつもジョークを連発しています!(アメリカ人だから?!)
パワーがあり、やっぱりプリマドンナです♪

ヴィスカ先生レッスン1

ヴィスカ先生レッスン2何のレッスンでしょう?なんか楽しそうです!


PageTop

ウィーン音大講習会ピアノレッスン風景    ~エフラー先生

第2日目。
ピアノは、今回も難しい録音審査を通過した15人の方が参加されました。
モスクワ音楽院や既にドイツに留学している人、どこかで名前見た方だなあ、と思っていたらあの“毎コン”で2位の芸大生も!
何度も受講している人も多く、なんと、今年6月のウィーン音大入試に合格し先生のクラスに入る3人の人は皆この講習会から道をつけていったのです。
私が小4より見ていて、小6より参加して昨年は遂にウィーンへ。芸大生になったSちゃんももちろん参加しました。
先生の美しい音はもちろん、皆の素晴らしい演奏、1年1年成長している演奏を側で聴けてこれもうれしいことです!

efler先生レッスン1 通訳も11回目。本当に有難い機会です。まだまだだとは思いますが、私がさせていただく意味があると思うので、なるべく分かり易く、先生の真意が伝わるように、丁寧に、と思っています。
~文理大音楽学部長マリオッティ先生には、日本語もよく分かるので「すごい意訳している!先生が一言しか言わないのにすごい説明してる~!」と笑われましたが・・・。
10月から留学する学生さん達に「ウィーンにもついてきて欲しい!」と言われたのは最高にうれしかったな♪

エフラー先生レッスン2昨年からウィーン音大で先生のクラスで学んでいる石井絵里奈さん。

PageTop

ウィーン音大教授陣演奏会~徳島文理大学むらさきホール

今日からウィーン国立音楽大学夏期講習会が始まりました。
初日は開講式、午前中レッスン、ゲネプロ、コンサートとぎっしりですが、11回(コンサートは出演させてい頂いて10回!!)も続けさせていただけて、まだまだと思うのですが通訳にもおかげさまで慣れてきました!

ご遠方よりコンサートにいらしてくださいました方々、本当にありがとうございました。
むらさきホールむらさきホール入口・・・診療放射線学科なども新設されたというとても活気のある大学です。
*コンサートの様子は後日、コンサートページでご紹介させていただきます!
エフラー先生とのモーツァルトの連弾は、特に楽しかったですし、すごい経験でした!


環境・施設も素晴らしい徳島文理大学での講習会は、私にとりましても
正にウィーンに行っているようです。
現地ウィーンでの講習会より、日本ということで逆に先生方と親密な時を持て、
美しい響きと、おいしいお食事で生き返ります。
そして、文理大学の理事長先生はじめ、ピアノ科教授の奥様、先生方の温かいお人柄に触れられるのも幸せなことで、ずっと徳島に居たくなってしまうのです!!

PageTop

明日は、ウィーン音大教授陣演奏会

今、徳島に来ています。
明日から始まるウィーン国立音大インターナショナル夏期講習会の通訳、
そして、明日は“教授陣演奏会”に出演します。
チラシ

昨日、今日とリハーサルでした。くたくたですが、
~いつものことながら、昨日になって1音下げなくてはならない伴奏曲も発生!!~
今晩は旧徳島プリンスホテル最上階にて、おいしい阿波牛の鉄板焼きをいただいたので、本当にパワーアップしてブログ更新しています!

今回、エフラー先生が「連弾をしよう」とおっしゃってくださったので、モーツァルトの若いころのはつらつとした4手のためのソナタを共演します。
音の響き、細かいニュアンス、うたい方、などアドバイスくださり、
特にモーツァルト特有のキラキラした16分音符のパッセージ~よく真珠のような、と言われますが~
先生は「指の力!」とおっしゃいます!
指の力で“かなり”弾かないと、この1000人以上のホールでは1音1音響かないのです。
毎日毎日レッスンなどに追われ、自分の練習が少なくなっていることを痛々しく思いました・・・!

やはりコンサートを続けていくことが、何より力になるのですね。
10年も前、ヴァイオリンのツェーンコフスキー先生と、モーツァルトのソナタを共演させてもらえたことも、
とても貴重な勉強・経験で、
モーツァルトを弾く時の、小さいながら確信になっています。

明日、何かを伝えられる演奏ができますように

PageTop

心温まるプレゼント

こんなカードをもらうと、うるうるしてしまいます!

カード2カード1


日々楽しいことばかり・・・というわけにもいかずいろいろありますが、子供の純粋な気持ちに触れると本当に癒されます。
私の一番小さな生徒のHちゃん(5歳)の今日のレッスン最後の言葉、
「あ~楽しかったなあ~」
に、私もうれしくなりました。連弾曲で、だんだん速くしてとっても速く指が回るようになりノリノリでした!

PageTop

江戸弘子先生を偲んで

今日は、5月にお亡くなりになられた江戸弘子先生の偲ぶ会でした。
帰国して途方に暮れている時代(!)からお世話になっている
“南青山音楽研究所”で、実際にレッスンをしてくださり、私達講師にもいろいろと指導してくださいました。
“ハノン”についてのレッスンは、「こういう言葉で伝えれば分かり易いんだ!」等、とても勉強になり、今でも先生の指導されたお言葉が耳に焼き付いています。
生徒を連れて先生のご自宅に伺ったことも思い出されます。
今は、先生のピアノが教室に置いてありますが・・・本当に寂しいです。
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

PageTop

素敵なチョコ!

こんな素敵なチョコをいただきました!
パッケージを開けてみると・・・
チョコ1
大きなチョコ!、と思ってよく見ると、箱になっていてそのふたを開けると・・・
   ↓

チョコ2
中にこんなチョコが!!
とってもおいしくって、楽しめるプレゼントでした。
ありがとうございました
季節ごとに箱のチョコのデザインも変わるそうなので、また見てみたいです。

Decadence du Chocolat

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。