ピアノ万華鏡

宝塚ベガ音楽コンクール

大学で副科ピアノを見ているオーボエ専攻演奏家コースの水村一陽くんが、宝塚ベガコンクールで本選まで残り、入選を果たしました!
・・・今年1/7のおさらい会のブログに彼の写真も紹介しています・・・
ピアノも生活もすごく一生懸命がんばっているし(テストでは月光ソナタの終楽章を弾いてしまいます!)報告メール、私までうれしくなりました。
それに、5位のオーボエの方も、上野学園卒業生だそうです。

本当におめでとう
賞状小「心から楽しめる音楽目指して頑張ります」とのメッセージ。これからの未来、応援しています!

スポンサーサイト

PageTop

ミュージカルMITSUKO

以前ウィーンフィル・オッテンザマークラリネットトリオのコンサートのコーディネイトをしてくださった方よりご案内いただき、ミュージカル「MTSUKO」に青山劇場へ行ってきました。

日本人初の国際結婚をして、オーストリアの貴族となり、ウィーンで一生を終えた歴史上の女性ミツコの物語です。
…私もそんな日本女性がいたことを、初めて知りました。
2005年日本EU交流年、ウィーンで誕生したミュージカルで、昨年コンサート版が日本上陸。そして完全ミュージカル版が今回日本で初演だそうです。

「音楽が生だったらもっと素晴らしいステージだったのに!」と思っていたら、最後指揮者の方がご挨拶!
マイクを通していたのでカラオケみたいで、残念でした。
でも、なんでも生の舞台は、現実でないような別世界へワープできますよね。
楽しかったです。
私もそんな舞台をお届けできるようになりたいです。


MIRSUKOポスターミツコの次男リヒャルトは、ヨーロッパ統一を謳う「パン・ヨーロッパ運動」の創始者となりますが、後、ナチスに追われウィーンを脱出。リヒャルトとミツコそれぞれの、国境を越えた数奇な愛の物語。
ミツコの家族との葛藤、晩年の孤独が哀しいですが、皇后陛下から賜った
「日本人の誇りを忘れないように」との言葉を終生心に刻んでいたという。

PageTop

オペラシティ・リサイタルホール

今日は、私が帰国してからずっとお世話になっている音楽教室の発表会でした。

みんなそれぞれ素晴らしい集中力で、レッスンの時よりのびやかな音楽で、私もびっくり、うれしかったです。
これが、本番のすごさなんですね。
だから本番を積み重ねることがとても勉強になることを、また改めて感じさせられました。
オペラシティ休憩中。
今回は、ブルッフと、サラサーテ:チゴイネルワイゼンの伴奏で私も演奏させていただきました♪

後日、ご父兄の方より、お子様が「ピアノ(スタインウェイ)の音が美しく、直接迫ってきて
とても弾き易く、楽しかった」そうで、幼稚園生でもこれだけの感性があるのだなあ、と感心してしまいました。こんな経験ができるなんて、本当に幸せですね。

PageTop

メナヘム・プレスラー氏公開レッスン

今日は、上野学園石橋メモリアルホールにて、特別公開講座シリーズⅡで、ピアノ公開レッスンがありました。

1923年ドイツ生まれで、イスラエルに移住、現在インディアナ大学で教鞭を取られ、ヴァン・クライバーン、エリザベート王妃、ルービンシュタイン各国際コンクールの審査員も務めておられるそうです。
通訳は、先生の門下生で、今は現地で教えている上野学園大の卒業生でした。

曲目は、シューベルト「さすらい人幻想曲」と、ベートーヴェン「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ“春”」。
特にp=ピアノ(弱音)のこと~強い音より難しい~、デュオであれば良いバランス、を厳しくレッスンされていました。
心の底からのピアノ。
それから、シューベルトでは細かいニュアンスの付け方、音の上行型、下行型に違う表情があること、光が当たるような表情。

最後に先生が、ショパンの遺作のノクターンを演奏してくださり、美しい音色に魅了されました。
そして、学長の前田昭雄先生のコメント「先生のすばらしいアドバイス、ここに皆さんはいられてHappy」に、本当にそうだなあ・・・と共感しました。

PageTop

恵まれた練習室

今日は、明日に本番を控えた生徒さんのリハーサルをしました。
残念ながらホールではなかったのですが、でも、私もコンサート前、一人でも人前で弾かせてもらって聴いてもらえることが、怖い本番の一番の対策になると実感しています。

上野学園大学の練習室です。
大きな窓からは、スカイツリーも見えます。今日は曇っていて頭の方が隠れていますが…。
練習室
この恵まれた練習室!毎日こんなところで練習できたら、幸せだろうな。。。

PageTop

電磁波サボテンNO2

皆さまお元気でしょうか?
3月の震災以来、なぜかずっと体調が悪く、頭痛の日が続いていました。
先日はかなりひどくて、来週の発表会のリハーサルを最後まで聴けず帰宅することに・・・。
でも、生徒さんのお母様より歯医者のご主人さまも通われているという(同じく手を使う職業病でしょうか・・・?)先生をご紹介いただき、おかげさまでだいぶ良くなってきました!
来月はまた徳島で、ウィーン音大の夏期講習会も始りますし、このまま元気だといいな、と思いながら、
健康のありがたさ、普通の生活ができることが一番の幸せと痛感しています。

皆さまもどうか元気で、笑顔でお過ごしくださいね。

電磁波サボテン最近我が家に仲間入りした電磁波サボテンNO2。ハートもかわいくて丸ビルの“プランツプランツ”で衝動買いです!!

PageTop

録音審査

今日は、日本音楽審議会のピアノグレードの録音審査をしました。
送られたテープを聴きながら審査、コメントを録音して応募者にお送りするというシステムで、私も初体験です。
コメントを書くのでなく、録音というところが、かなり緊張しました!
慣れた先生方をお手本にさせて頂いたのですが、的確な言葉で表現する、また貴重な勉強になりました。

音大に行っていなくても、社会人になっても、音楽が好きで一生懸命勉強している方が多く、素晴らしいことだと思いました

PageTop