ピアノ万華鏡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラ・フォル・ジュルネ・エリアコンサート ありがとうございました。

丸ビルにお越しくださいました皆さま、本当にありがとうございました。
多くの方々にいらしていただき、温かいお気持ちで聴いてくださっていることが伝わってきて、忘れられないコンサートになりました。
お声かけてくださった方々、うれしかったです。ありがとうございました。

大震災の悲しみが癒えないままのコンサートでしたが、仙台のピアニスト四家昌博さんと連弾でバッハとブラームスを演奏できましたことも、音楽から、いらしてくださいました皆さまから私が、また今後演奏を続ける力をもらったように思いました。

丸ビル丸ビル1階マルキューブ。終演後片づけられたステージ。今年はなんと“スタインウェイ”でした

人とつながる幸せをさらに強く感じさせられる日々です。
何も出来ないのですが、被災地の方々に思いを寄せて、またどこかで皆さまとお会いできる日を楽しみに、今置かれたところで私もがんばりたいと思います。
みなさまもどうかお元気で、健康でお過ごしください。

スポンサーサイト

PageTop

ラ・フォル・ジュルネ 熱狂の日音楽祭

今年はやはり開催が危ぶまれていた“ラ・フォル・ジュルネ”。
先日、エリアコンサートも節電などにも取り組み時間を変更したりして開催される、と連絡がありました。

私は4月30日(土)16時半~17時、丸ビル1Fマルキューブ(例年と同じです)、エリアコンサートに出演いたします。

私にとりまして震災後初めてのコンサートです。
今年のテーマは「ブラームス」「マーラー」「リスト」「R.シュトラウス」「シェーンベルク」ですが、
お亡くなりになられた多くの方のご冥福を祈り、被災した人々を思い、そして私達も気持ちがひとつになれるコンサートに出来たら・・・。
無力ではありますが、祈りを音楽に、と思いながら当初考えていたプログラムを変更したり、いろいろと考えているところです。

特に今回は、徳島のウィーン音大講習会以来遠いところレッスンに見えたり、“おさらい会”でも素晴らしい演奏を聴かせて下さった仙台のピアニスト、四家昌博さんをゲストに迎え、連弾を入れたいと考えているところです。

こんな時にゆったりとなかなか出かける気分にもならないとは思いますが、ぜひぜひ皆様の応援をお願いいたします。

ディレクター・マルタン氏のメッセージ「このような困難で悲しみに打ちひしがれた時にこそ、音楽は魂を救済する使命があると私は信じています。」
私も信じたいと思います。
会場には義援金募金箱も設けられているそうです。
どうぞよろしくお願いします。


PageTop

ウィーンより~2月の舞踏会

今年もウィーンから、2月の舞踏会の様子が送られてきました。
私もエルマイヤーダンス学校でお世話になった鈴木多美子先生から、ショウタイムでのダンスの1コマです。

こんな世界もあったな~と、一瞬今の現状を忘れ、キラキラしている思い出に浸ってしまいました。
エルマイヤー舞踏会

You Tubeでも見られます↓
エルマイヤー舞踏会

PageTop

新学期~気持ち新たに

大震災の被害、そして被災した人々を思う悲しみのなか、いろいろな行事も自粛・キャンセルになり、まだまだ普通の生活が取り戻せず、気持ちも暗くなる毎日ですが、皆さまは健康でお過ごしでしょうか。
今日は入学式の代わりに入学伝達式でした。音楽教室も新学期の始まりです。

久しぶりに明るい日差しの下で、私たちを励ますように美しく元気に咲く桜を見ました。
桜

今日の式の告辞での、上野学園新学長・前田昭雄先生のお言葉に、私も力が湧いてきました・・・(略して書かせていただきます)
こんなときに音楽?と思われる方もいるでしょう。でも音楽はただの娯楽、楽しむというだけでなく、人間らしく生きるのに不可欠なもの。これは人類の長い歴史の中で証明されています。
目にみえる復興だけでなく、今だからこそ音楽で、文化、そして精神の立て直し、再生を。
今ある立場で皆でがんばりましょう。

私も何ができるかを考えながら、先を明るく見てがんばっていきたいです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。