FC2ブログ
 

ピアノ万華鏡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラ・フォル・ジュルネ熱狂の日音楽祭

丸ビルにお越しくださいました皆さま、ありがとうございました
温かい気持ちで聴いてくださって、おかげさまで集中して無事終えることができました。
応援ありがとうございました!
そして、花束やプレゼントをありがとうございます。

昨年出演させて頂いた経験を元に・・・と思っていたのですが、ステージも赤のつもりでいたらデザインも変わっていてびっくりし、ピアノも同じシゲル・カワイですが昨年より大きく、良い楽器に。うれしかったです。

ラフォルジュルネ1

ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズは大曲で、次から次へ難しいパッセージをこなさないといけなく、本当に怖かったです・・・。
でもその怖さを乗り越えられて、“弾く”ことが好きになりました。
この経験があるから、次回はもっと確信を持って臨めるような気がします。
ラフォル2ピアノ
こんな機会を与えてもらえたことに感謝です。
そして、いらして頂き聴いてくださった皆様に心より御礼申し上げます。

スポンサーサイト

PageTop

29日ラ・フォル・ジュルネのリハーサル

怖~いリハーサルしてきました!
「アンダンテ・スピアナートと華麗なるポロネーズ」緊張のあまりいろんなことが起こります。
弾き終わるとかなり落ち込みました。
やっぱり人前で弾くというのは、何よりの勉強で特効薬。
課題を教えてもらえて、聴いてくださった方に本当に感謝せずにいられません。
難しいパッセージに翻弄されて、ポロネーズのリズムが崩れないこと、次から次に現われる右手の難しいパッセージを訓練すること。
左手の暗譜をきちんとすること。(これはいつも学生にもアドバイスしていますが、自分も・・・!)

1曲目のショパン:幻想即興曲→即興曲つながりで選曲したシューベルト即興曲、
今回はOp90-4に決定しました
右手の16分音符の粒を揃え、連打をきれいに鳴らすのが予想外に難しく苦労しています。
でもやっぱりシューベルト大好き
演奏していて気持ちがぐっと入っていけたとき、何にも代え難い喜びがあります。

リハの怖さを体験し山を越えた気がするので、あと4日=レッスンでできない日もあるから実質2日くらい?!、
精神状態をコントロールしてがんばります。
あのステージ+あのピアノで集中して演奏できますように、、、応援よろしくお願いします♪

PageTop

孤独

4月も後半というのに、この寒さ・・・。ウィーンの長~い冬を思い出します。
5月の春を喜び称える作品が多いのも、留学して初めて納得、実感できました。
  
ウィーンで勉強できるのは本当に嬉しいけれど、お店に行っても郵便局に行っても、特にお役所なんて、冷たくあしらわれて相手してもらえず、当初は現地の人からの疎外感、夜のネオンは暗いし、孤独感いっぱいでした。
でもその孤独を感じることで、作曲家も孤独・絶望を感じて生まれた音楽に気持ちを合わせ、表現できることにつながるのですね。
ヨーロッパの先生のレッスンでは、「ここは孤独な音」と言われることがよくあります。

孤独があるから、人とのつながりに感謝して幸せも感じられます

恩師J・デームス氏は「芸術家は、一人にならないといけない時期がある」とおっしゃっていました。

そんな話をしましたら、4/8のブログでもご紹介しました石井絵里奈さんのから第2弾いただきました。
・・・・・・・・・・・・
アイスランドの噴火のせいで飛行機が飛んでいないので、帰れるか不安です・・・

デームス先生の、お言葉、すごく実感しています。別に何が変わったとか、はっきりと言えるわけではないのですが、音楽を学ぶということがどういうことなのか、自分と向き合う時間が増えました。
家事など、大変なことも多いですが、今更ながら、全てやってくれていた親に感謝しています(笑)




PageTop

ピアノ公開レッスンの写真

アンドビジョン企画の公開レッスンの写真が届きました!
2人とも日頃は私が見させてもらっていますが、いつもより集中して気を張り詰めてがんばっていました。
自分のことを振り返ってみても、こういう経験が本当に大切なのですね。
“体験”したことは、いつかずっと先かもしれないけれど、ふっとしたときに出てきたり、こういうことだったのかと分かったり・・・。
私が初めて受けた外国の先生は、J・デームス先生でしたが、芸高に入るまで「指を強くしてしっかり弾く」ということばかり頑張っていたので、
先生の奏でるやわらかい自由な音楽、やわらかいタッチに初めは混乱した覚えがあります。
でも、指の訓練をしたからこそ色んな音色が出せ、やわらかい音も出せることが、自分がレッスンするようになって分かるようになりました♪
モラー先生ウィーン音大・モラー先生(3/23)

スミス先生ハンブルグ音大・スミス先生(3/31)


PageTop

ラ・フォル・ジュルネ熱狂の日音楽祭

今年も“ラ・フォル・ジュルネ・エリアコンサート”に4月29日(木・祝)に出演させて頂きます。同じく丸ビルです。
今日、近くまで来たので、気になって寄ってみました。
昨年同様、ここに舞台が設置され、演奏・・・と考えると、急に緊張、身が引き締まりました。
丸ビル丸ビル1Fマルキューブ
ここ舞台の前にあるカフェのテラスは気持ち良いです。昨年も当日はかなり混んでいましたが・・・。

今年のテーマ“ショパンの宇宙”、そしてピアノの音を、音楽のあるひとときを楽しんで頂けますように、ベストを尽くしたいと思います。
皆さま、お遊びがてらぜひ寄ってみてくださいね。

♪ラフォルジュルネ・エリアコンサート公式HP
http://www.to-on.com/lfj2010area/

♪こんな本も。
ラフォルジュルネ本



PageTop

ウィーンフィルCD(2)

最近車での移動中に聴くお気に入りCDの1枚、ウィーンフィル・ニューイヤー・コンサート2010ライヴです。
(3/6のブログのつづきです)

CDパッケージを開ける時、どんなデザインかとてもわくわくしませんか?
このCDも開けてみて、引き込まれました!
ムジークフェライン舞台そのままがこのように。
CD

もちろん音もすごく良くて、すぐにウィーンにワープしています♪
音楽の良さ・楽しさの1つは、どこにいても心は自由になり、ワープできることではないか、と帰国してだいぶ経つ今、そう思うようになりました。
それに、良い音楽があれば、いつでも上機嫌

PageTop

新・石橋メモリアルホール

今日は上野学園大学の入学式。
5月にオープンする新・石橋メモリアルホールにて行われました。
開式まで厳かにそして祝祭の気分を盛り上げてくれるパイプオルガンの生演奏。
“君が代”や“校歌”もこの素晴らしいパイプオルガンの伴奏でした。
こんなに静粛な気持ちになったのも久しぶり、本当に素晴らしい式でした。

入学式石橋メモリアル携帯カメラの為、あまりきれいでないのですが・・・。


私も今年からまた気持ち新たに、ここでお仕事させて頂ける喜びを胸に精一杯がんばろう、と思いました。
上野学園に在籍させてもらえて、本当にありがたいです。

4/25のプレ開館イベント「永田音響設計 永田穂氏講演会~石橋メモリアルホールの音響設計について~」から始まるオープニング・シリーズ。
私も12月初めに出演する予定です。
生まれ変わったこのホール、どんな響きがするのか、これからどんなコンサートの歴史が刻まれるのか、楽しみです♪


PageTop

上野学園・演奏家コース

桜が美しい季節、新学期です
皆さまはお花見楽しまれましたか?

今日は、上野学園大学の演奏家コースガイダンスでした。
学生が一人ずつ演奏し、担当の先生はじめその他の先生でどのように導いていくか、今後の課題など話し合う素晴らしい機会なのです。
上野学園は規模がそんなに大きくないからこそ、どんなレベルの人でも一人一人に目が行き届き、気にかけ、だからこそ音楽家として、またその他色んな道に育っていくのだと思います。
演奏家コースの先生は、教授の横山幸雄先生はじめ、田部京子先生、そして演奏家として活躍されているピアニストばかりなので、私も良い刺激を受け、上野に来ると元気になっています!

ガイダンスが終わり、皆で学食でランチをしました。
ここの学食は、毎日違うメニューで魚とお肉があり、いつも野菜の種類がいっぱい、胚芽米できちんと考えらているのです。
一面ガラス張りで開放感もあり、明るくぽかぽか。
気に入っています。
ランチ
今日は、サーモンのフライと切干大根、ナスとインゲンのお味噌汁。今年からなんと値下げの400円♪

PageTop

ウィーンより

以前にもブログでご紹介しました石井絵里奈さん。
芸大の院を今年3月卒業、徳島文理大での“ウィーン音大講習会”に2度参加され、今はウィーン音大の入試に向けエフラー先生の下で勉強するため、ついに先月からウィーンに住んでいます。
彼女からウィーンよりホットなメールが届きました!

・・・・・・・・・・・・
ウィーンで生活すると、(まだ2週間ですが、)一度旅行で行った時とは、見えるもの、
感じるもの全てが違うように感じます。
まだまだ生活に慣れるのに必死で、日本が恋しくなったりもしますが、この音楽の都で
勉強できる幸せをかみしめています(>_<)
・・・・・・・・・・・・

やはり音楽家にとって、ウィーンで生活するということは何にも代え難い特別なことだと思っています。
生活に音楽が根付いていることを実感して、街から、空気から、人から多くのことを私も学びました。

石井さんとは徳島で出会って、それからの頑張り、そして演奏の変化を見せてもらっているので、とてもうれしいです。
力強く未来を切り拓く姿が素晴らしいと思います。
私がエフラー先生に初めてついた頃は日本人1人でとても心細かったけれど、こうしてどんどん素敵なピアニストが同門になっていくといいな。
応援しています!

ミキモト
石井さんが記念にくださった“おそろい”のミキモトのト音記号ボールペン
素敵なのでご紹介します!でも残念ながら廃盤になるそうです。。。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。