ピアノ万華鏡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オーケストラとの合わせ

今日は、いよいよオーケストラ、東京ニューシティ管弦楽団との合わせでした東京芸術劇場リハーサル室にて。

あ〜、やはり緊張しました…
まだまだ、あとは自分の足りなさを思いながら…でも最善を尽くすしかないので、1度冷静になって録音を聞き直し、テクニックの練習と暗譜を詰める‼
皆さまの温かな応援に応えるためにもがんばりたいです。

リハーサル室に着いて、「あ!」という驚きの出来事。
初めにお会いした団員の方…チェロのソロを弾いてくださり、なんと、南青山の音楽教室でご一緒していた方再会出来、また共演できるなんてうれしいです。
そしてコンマスは同じ芸大附属高卒と梅谷先生から紹介して頂き、なんかまたうれしくなりました。

第1番の方も少し聴かせてもらいましたが、私の演奏する第2番と全く違う!と改めて実感しました。
1番はよりピアノ協奏曲らしい、ピアノの華やかさ・技巧が際立つ作品に対し、2番は詩的でより情感があふれています。とにかくオケとの掛け合いが多いので、それを楽しみたい、楽しまなければ!と思いました。

6/18公演のチラシです
チラシ表
チラシ裏

スポンサーサイト

PageTop

指揮者の先生との打ち合わせ

今日は指揮者の内藤彰先生との打ち合わせでした。
チラシのお写真通りの穏やかでまたにこやかな先生でした。

いざ打ち合わせが始まると、やはりパワフルに進み、ポイントだけ押さえ、45分ほどで終わりました!
自分の弱点箇所、オケとずれそうなところの拍感をしっかり、をやはり痛感しました。
先生からは、ピアニストは棒が降りるより先に出てしまうことが多いから気をつけて、
古典派と違い、リストはお互いキャッチボールが難しくてけっこう大変…

今回主催の梅谷先生からも、先日たくさんのことを教えて頂き、感激しています。
いつも学生にアドバイスしているはずのことも、自分で出来てなくてはっとしたり、
ペダルを踏むちょっとしたタイミングで、響きや音質、テンポ感、弾きやすさまで違ってくることを実感し、驚きました。
客観的に聴いて下さる"先生"の存在はいつでも本当にありがたいと強く思います。

オーケストラとのGPまでまたしっかり準備したいと思います。

PageTop

リスト:ピアノ協奏曲第2番

6/18に演奏する機会をいただきましたこの作品につきまして…

1857年リストが46歳の時(私自身と年令が近くなり!ひそかに反応…)、リスト自身の指揮で、弟子のブロンサルトのピアノで初演された作品です。
初演時には「交響的協奏曲」とされていたように、オーケストラの迫力、魅力いっぱいの雄大なピアノ協奏曲✨と感じます。
それでいて第1番と全く違った詩的な情感が溢れているところにも、演奏していて気持ちが入り込みます。
(あの華やかさから、若いころは第1番が大好きでした。)

第2番の方は、ちょっと映画音楽みたいなところがあるな、と不思議な魅力を感じていたのですが、いつか弾きたい!と大学時代から思っていただけに、今回の機会がとてもうれしいです。
チェロやフルート、オーボエ、トランペットも…掛け合いも楽しみです。

そして何より、ウィーンでオーケストラと協演して以来、その感動がいつも心の奥底にあり「一生のうちあと1度でいいからオーケストラと演奏したい」と夢見ていたので、それが叶い、幸せを感じています。

それをやはり皆さま方と少しでも分かち合えて共感する瞬間がありましたら、何より幸せなことだと思っています。"そのとき"を夢見てあと少し、練習・準備に励みます。









PageTop

美しい景色

ブログもすっかりご無沙汰してしまいましたが…連休いかがお過ごしですか?
私は新緑と美しい景色に、日常の雑事を忘れ、心洗われました✨

益子栃木県益子
緑の中のレストランでのランチの後の散歩道。


PageTop

ウィーンより:舞踏会

ウィーン留学時代、私も通っていたエルマイヤーダンス学校のTamiko先生より、今年もエルマイヤーの舞踏会の様子が届きました!
なつかしのオープニング


Tamiko先生のダンス


私たち日本人には難しいといわれている3拍子・・・ワルツやシューベルトにたくさん出てくるレントラーetc,
実際自分で踊ってみると演奏するのも怖くなくなり、乗れるような気がします。
なので、留学生にはぜひお勧めしたいです!


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。