FC2ブログ
 

ピアノ万華鏡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

祝!藝大合格おめでとう

今日は、中学生の卒業演奏会。4人出演のコンサートでしたが、生徒が2人も選ばれて演奏し、うれしい日でした。
ショパンのポロネーズ第1番と、華麗なる変奏曲・・・これは忘れもしない私も中3の時に弾いた、藝大附属高校の入試第2次の曲なのです。
Mちゃんの生き生きした音楽は良かったですし、リハよりペダルを注意したので切れが良くなりました。
Mちゃんも(2人ともMちゃん)、最後のレッスンで弱音が通らなかったのですが、細かい音まで大きなホールでも響いてきて良かった。

そして!上野学園中高で教えていたKさんが、見事2度目で藝大の作曲科へ合格
意志が強く、とにかく作曲の勉強が好き、と言っていたので叶って本当によかった!!

スポンサーサイト

PageTop

日本クラシック音楽コンクール全国大会審査

"中学生女子の部"の審査をしました。
このコンクールの特徴としては、男子と女子で部門が分かれていること、
合計点や平均点の高い順から順位が付けられるのではなく審査員それぞれが何位に該当するかで採点すること、そして近年、全国大会に残る(残す)人が増えていること…だと思います。
審査のほとんどの先生が一位をつけないと一位をもらうことが難しいので、かなり厳しいとも言えます。(一位は夢のオーケストラとの協演✨)
数年前に審査した時よりも更に多くの方が出演している印象がありました。

全国のレベルが分かり、私もとても勉強になりました。中学生とは思えない程素晴らしい演奏をした人もいて、今まだ残像が浮かんできます。

会場ここからステージへ!(かつしかシンフォニーヒルズ・アイリスホール)

PageTop

上野学園大学オープンキャンパス

今年のレッスン公開は、これまでと違って大学でどんな授業が行われているのか知ってもらうため、授業の公開をしました。
私が担当している「ピアノ伴奏法」と「ピアノ・アンサンブル(連弾)」です。
伴奏法では、モーツァルトの歌曲「野ばら」、
アンサンブルでは授業の一年生2人に出演してもらい、ドビュッシーの「小組曲」を取り上げました。

歌詞の意味を知って伴奏の音に繋げると演奏のヒントになること、それが面白さでもあること。
連弾では2人がいかに合わせて演奏するか、ソロを弾くときとは違うぞれぞれ(左右)のバランスと2人のバランス・調和、
どのように練習したらよいか・・・

楽しさが伝わったらいいなと思いながらレッスンしました。
今までの個人レッスンの公開とは違った感覚で、私も新鮮でした

当日の様子↓
https://www.uenogakuen.ac.jp/university/event/open_campus/20180729_report.html

PageTop

学内演奏会

今日は3年次生の学内演奏会(石橋メモリアルホールにて)。
2台ピアノです。
担当の学生さんは、モーツァルトの2台のピアノの為のソナタニ長調 第1楽章を演奏しました。
本番は安定したテンポと、掛け合い、歌えていてとてもよかったです。

ゲネ・プロより
GPよく見えませんが、、、服装も二人揃えてきました!

自分もステージで演奏した曲をレッスンできるのは、舞台で感じたことを伝えられるのでとても楽しいことです。
その時の発見やもちろん反省も。
モーツァルトのこの作品のパッセージ、明るく未来に開けるような感動がよみがえります。

そして、Sさんは、なんとバレエも続けているのです。素敵な動画を見せてくれました
写真だけご紹介します。
バレエ「コッペリア」

PageTop

手作りパン!

今日は、レッスンの生徒さんから、お母さま手作りのパンをいただきました。
こんなに素敵でおいしいそう!感動していたら、パンのお教室をしているそう。さすがです。
家で焼きたてのパンが食べられたら…(夢)
パン
心もあたたかくなり、明日の朝食が楽しみです。
ありがとう。

ウィーンでは、缶から出して自分でくるくる、オーブンへ、そして焼きたてのクロワッサン🥐が食べれたのですが(それも普通のスーパーで売っていた)、
このようなものないでしょうか?!ご存知でしたら教えてくださいm(_ _)m

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。